終わらない

地獄が終わりません。
彼氏に裏切られてお別れしてから早2か月弱、寂しいからとりあえず遊ぶぞー!ということで、何人かの男性と遊んで、何人かはリピートしてくれたり、お遊びの男性を好きになりかけてやっべってなったりなんだりがあったのですが、遊び相手の男性が会ってくれなくてガッカリして一人でお酒を飲んで寝たりすると次の日なんだか心が辛くて辛くて死にそうになります。
別にお友達は何人かおりますし日中は彼らと楽しく遊ぶのですが、夜、ひとりになるとたまらなく辛いのです。
自分が何をしたいのか、頭の整理がまったくできません。
何をしたいかというとただただ彼氏が欲しくて隣で寝てほしいだけなんですけど。
誰でもいいから彼氏が欲しい!って愚かで不純だなあって。

今のところ、誰でもいいから適当に男の人と火遊びをしてるのですけど、寂しいという感情は本当にとても無益で、悪いこと以外何も生み出さないなあと思います。

誰でもいいのじゃなく、好きな人と付き合って、色んなところへ行ったり遊んだり一緒に笑ったり、明日遊び行こうね!っつった癖に二人して昼まで寝てしまい、あーー!って言う休日とか、そういうことをしたいのです。
ただし、私の経験値が不足しすぎており、「人を好きになるってどんな感じだったっけ?どうやって付き合うんだっけ?」
というのが現状です。
火遊びの相手を本気で好きになってもこれまた無駄な行為ですので、こらえております。


さあどうすればいいのか、どうしたいのか。
とりあえずは、一人で寝る練習をして、お酒を飲まないようにせねばなりません。


あーあ私ってこんなダメなやつだったかしら。
勉強熱心で成績も良好、悪さひとつしたことない、至極まともな人間だと思っていたのに。
一つピースが外れただけでこんな堕落したダメ人間になり果てるとはなあ。

今は完全に悪い子です。悪いことをしては自己嫌悪でぐるんぐるん。寂しくてぐわんぐわん。
苦しくて目がまわる。

スポンサーサイト

地獄の季節

彼氏と別れて(?)2週間経った。
自暴自棄になった期間も終わり、気持ちは少しだけ落ち着いたし、全く彼には会いたく無くなった。
けれど、心も体も、寂しくて寂しくて寂しくて死にそう。
何も手が付けられなくて、学校で書類仕事をしているときも、ワードを開きながらキーボードに手を添えて、書こうと思っても書類がかけず、ただいやなことを思い出しては苦い気持ちにばかりなる。
大好きな趣味に打ち込む気も起きない。テレビも見たくない。
ただ何も考えず寝てしまいたいのに、眠ると嫌な夢を見る。
生きるのが苦しい。

前、pixivに載せたお話で、’好きな人の体温ってとても心地いいな’という趣旨の話を書いたのだけれど、自暴自棄になった期間にその辺の見知らぬ男と触れあったりして、「ぜんっぜん好きじゃない人の体温も暖かいし心地いいんだ!!知らなかった!!」と驚愕した。 馬鹿馬鹿しすぎて、投稿したお話を衝動的に全削除したくなった。
あーーーーーあ馬鹿馬鹿しい。
ばーか、私のばーーーか。
ばーかばーかばーーか。

私はこれから博士進学して、研究者への険しい道を上っていくというのに、こーんな馬鹿馬鹿しい男の一人や二人と別れただけで、くよくよしている暇なんてないというのに。
男一人と別れるくらいなんて、長い人生にとってはかすり傷だし、しょうもないことだってわかっている。
もっとつらい経験をしている人だって、笑って生きているし、私の悩み悲しみなんて小さいことだろうって。

そんなのはわかっているんだけれど、心がついてきてくれない。
うおーーーこのポンコツな精神よーーーーーがんばってくれーーー
乗り越えろーーーーーーーーーーーーーー


という一方で、誰でもいいから誰かに愛されたい、大事にされたいという欲は止まらない。誰かの温もりに触れたくて死にそう。

人は簡単にメンヘラになれる…ということをまた学んだ。
人生は学びの連続、生涯学習ということだな。24歳の誕生日を目前にして実りある学びを得て私は喜んでいる。



ああ地獄の季節が始まる

あれなのよ、あれ

学会はわくわくする。
わくわく。
知らないえらい先生とコネがつながるかもしれないわくわく。

私は面白いことが好きだから、研究は好きだし学会で人の話を聞くのも好きだけれど、私のお脳のキャパシティ的にあんまり研究者は向いていないんじゃないかな~って最近はひしひし感じている。
それはもうひしひしと。
私のボスの仕事量とアイデアの凄まじさを見ていて。
この前の出張で行ったとある研究機関の人々の働きっぷりと研究に対するシビアさを見て。
あの人たちは何者なんだろう。スーパーマンなのか?

私はあんな風になれるのだろうか?いや、なれる気がしない…
今だってポスター作ってたはずが意味もなくブログ書いている。
あれぇ。


私は普段は常時単純馬鹿子なのだけど、本当は不安もいっぱいなのだ。
論文どーすんの、とか。あの実験の計画は?とか
うじうじ言っても作業は進まないのだからいつまでもうじうじ言ってないでさっさとやれ!書け!というのが真理なのだけれど、無駄につらつらと不安を並べてみたくなるときがある。

意味もないことがしたくなる。
無意味な行為にこそ意味があるように思えるときもある。

暑い日に「暑い!」といっても暑さは変わらないけど、「暑い!」って言いたくなるじゃない。あれだよ、あれ。
別に暑さは変わらないけどなんか言いたいじゃない。叫びたいじゃない。

作業は山積、せねばならぬ。愚痴を言えども作業は減らぬ。けれど言いたいじゃない。
あれです。あれ。

不確かさ

どうしてこうも精神っていうやつは不安定なのだろう。
日常を過ごす中で、あるショックなことがあって、もう2日も経ったというのにずっと気分が晴れない。
一応やることがあるから、最低限の仕事はする。学校へ行く、作業する、バイトへ行く。
でも朝も昼も夜もずーっとずっと、何もしたくない。切り替えが下手なのだろうなぁと思う。
たかがあれだけのことで大げさだよなあとも思う。
つまりは私は阿呆なのだ。脳の出来が悪いからいちいちショックを引きずるのだ。たぶん。

あと、本当にどうでもいいけど、何となくむしゃくしゃして昨晩VIOを剃刀で刈ったら、今日、チクチクしてめっちゃ不快。
私ってほんまに阿保(私ってホント馬鹿風に)

将来?

就活で悩んでいたのは、博士進学を決定させて吹っ切れたのだけれど、3年後どうするかというのはまだ未定。
借りまくってる奨学金を返さないといけないので働くのは確定だけれども。
アカデミックポストを夢見て、どっかの大学でポスドクしたり、海外行ったり。企業の研究職につくとか。
いずれにせよネックになってるのは彼氏で、やはり遠距離はほぼ確定な上、私が3年後どこで働くかもわからないから二人ともどう動いていいのかわからない。

みんな一体どうやって結婚したんだろう?!絶対遠距離になるやんね?!片方が仕事やめないと無理ちゃう??
え、やめてついてくの??ええ??
博士号まで取ってアカデミックポストにつけたとして、結婚するためにやめるの??もったいなくない…?

同じく博士進学する友は「私が年収上回ったら彼氏の仕事をやめてついてこさせる(キリッ」って言ってたけれど、それ、何十年先の話になるんだろ……って。
大学の教授になるには、最短27歳で博士号とって、そっから数年ポスドクして、30以降?に講師登用されて…40で准教授くらいかなぁ…
oh……

行き当たりばったりで生きてきたから、人生設計がずさん。



プロフィール

ソウ

Author:ソウ
すみか:海の近く
職業:大学院生
好きなもの:アニメ、攻殻機動隊、小説、音楽。どれも癖のあるものが好き。現在某死神漫画の主人公ペアにお熱。

ブログを作り直しました。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR