FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告することなどない

今年度は外部研究費を獲得したのだが、年度末なので現在その報告書を作成しようとしている。
しかし、報告することなどない。ろくなデータが出ていないからである。
でも「これやります」と言ってお金をもらった以上は「こんな結果になりました」と報告が必要である。至極当たり前のことである。

良きデータが出ていた場合はノリノリで書くだろうが、今年度はろくなデータがない。
一体私は一年も何をやっていたんだ?
自分のクソデータに向き合っていると自分にぶち切れそうになる。

このネガティブデータをつかって「すごいことやった感」を出す文才が必要だけれど、胃が痛い。嫌だ書きたくない。エロ小説なら書ける。
数十万の予算使ってなんでエロ小説書こうとしてんだ馬鹿。


スポンサーサイト

悔しい

悔しい。

私は毎月、先生の研究を手伝って謝金を大学からもらっている。
毎月月末に「今月どれだけ働いたか」を記入して書類を提出し、次の月の15日に振り込まれる。
先月も31日に提出したのに、何故か16日の今日になっても振り込まれていない。
書類に不備があれば訂正依頼が来るが、それも来ていない。
あれ?何で?振り込まれないと今月困る。
直ぐに大学の会計係に聞きに行くと、「あれ?今月7日に本部に送ったけどねえ。7日に送ったから処理に間に合わなかったのかな」
と言われた。

はあ、じゃあいつ振り込んでもらえるんですか?と尋ねると、「月末になりますね」との返答。
えっと、月末って。
「30日ですね」

ハイ。
私、実はこの毎月の謝金で生計立てている。カードの請求は26日くらいに来る。死ぬ。

正直、ギリギリで生活している貯金の下手な私が悪いと言えばそこまでだが、自分は博士課程のしがない学生で、稼ぎもなく、大学から支払われる謝金でなんとか暮らしている。
毎日真面目に朝から晩まで研究室にいて、先生から任されている研究を頑張れば自分の研究が進まなかったりして苦しんでいる。
それなのにまともに報酬も払ってもらえないなんて、しんどすぎる。

25歳になり、周りの同級生たちはとっくに働いてお給料をもらったり、結婚したりしているのに、自分の現状の悲惨さに思わず涙が出た。
貧乏でもいい、面白いことがしたい、とアカデミックの道を選んだのは私だが、大学事務の会計のおばちゃんの書類の送り遅れなんかで簡単にピンチになる自分もう悔しくてたまらない。

いまのきぶん

今の感情が見当たらない。

私はよく音楽を聴く。その時の気分に合ったものを何度も何度もリピートする。
気に食わないことが沢山あって色んな事に怒りを向けていたころは、石川智晶さんの曲をずっと聴きながら作業をしていた。
楽しくて気分の良い時は、ケイティペリーなんかの洋楽のポップスを、
自己陶酔しながら作業するときは平沢進を。
とにかくノリで作業をサクサク進めたいときはEDMを。

その気分が終わるまで1、2週間ほど、本当に同じものばかり聴き続けて、その時の気分に浸りきる。

なのに、近頃どうも、今の気分に沿った歌が見つからない。
お気に入りのアルバムを聴こうとしても、どうもこれじゃない。
今の気分はなんだろう。

別に、すごく悲しいわけじゃない。
相も変わらず怒りは抱えているけど、一種あきらめの境地に入った。
良いこともある。でもすごく楽しいわけでもない。
とても中途半端な気分だ。

今の気持ちを表現する言葉も持っていない。
何か本でも読もうかな、と思い立つも、図書カードを紛失していることに気が付いた。
もう、何をやっているんだか。

そう悪くはないけど良くもない。そんなぼんやりした生活。



お酒って凄い。
私は飲むのが好きだ。ただし酒に弱い。
友達とお酒を飲みに行くのも好きだが、家で一人で飲むことも多い。
友達と飲むときは、家に帰らなきゃ、と理性を保って飲む量を調節しながら飲むが、自宅で一人で飲むときは好き勝手に飲む。
そんな時、お酒は感情を増幅させる。
悲しいときはより悲しく。楽しいときはより楽しく。嬉しいときはより嬉しく。不安なときはより不安に。疑念を抱くときはより悪質に。

今日はなんだか、悲しさが大きくなって、急に泣きそうになった。

偶に小説なんかで、「あの人はお酒を飲むことで辛いことから逃げて…」みたいに書かれているのを見るけれど、私の場合、辛いときはお酒を飲むとより辛くなる。
他の人はそうじゃないのかな、楽しい気分になれるのだろうか?
それならなんて素敵なことなんだろう。

理想

体調が回復し、喉の腫れもやっとなくなったと思えば、4月ももう4週目である。この3週間一体何をしていたのか、驚くほど作業は進んでいない。大変まずい。今年の前期じゅうに論文を一本書かねばならない。
今月は8時に学校に行く生活を身に着けるので精いっぱいだった。
午前中は仕事をして、午後から自分の作業をしていても、留学生、後輩たちにしょっちゅう呼び止められる。集中が途切れるとまた集中するのに少し時間がかかる。
頼られるのは良いことだと思いながらも、すこし煩わしく感じてしまう自分がいる。
頼りやすい先輩という立ち位置は嬉しい、が、少し舐められている?軽んじられているように思うことが多々ある。

私の理想の人物像は、草薙素子やバラライカみたいな、強くてクールでハチャメチャに仕事が出来る女性、なのだけれど、現実はなかなかどうして、後輩たちに舐められる。


どうしたら理想に近づけるのか、このところ考えている。
今は後輩に馬鹿にされつつ頼られつつ喋りやすい先輩、みたいなポジションに立っているが、ここはひとつ、圧倒的なパフォーマンスを見せつけて尊敬の対象になるのが手っ取り早そうだ。それでも馬鹿にしてくるやつは本物の馬鹿だから相手にしない。



当面の目標:後輩に舐められないこと


プロフィール

ソウ

Author:ソウ
すみか:海の近く
職業:大学院生
好きなもの:アニメ、攻殻機動隊、小説、音楽。どれも癖のあるものが好き。現在某死神漫画の主人公ペアにお熱。

ブログを作り直しました。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。